いーの はらしょ~ “気軽にモノづくり”

輪ゴム銃を主に作っています。最近は電子工作も。。。 楽しくモノづくりができたら良いなと思ってます。

木材の炙り加工テスト

その他_日記 ] 2014/11/25(火)

たまたまバスバーナーが手に入ったので、木の炙り加工を端材で試してみました。

簡単に動画作ったんでどうぞ

http://youtu.be/07AExiHotU0


今回試したのは
アガチス、栂、ベニア、ホワイトポプラ、MDF、OSB、竹

スギやヒノキなんかもあったらよかったんですが、普段からあまり使ってないので端材がありませんでした。


炙り加工の簡単な手順としては
①バーナーで気持ち焦がしすぎと思うくらいまで炙る。
②カナブラシで、余分なススを取る。
③スポンジヤスリで仕上げ。
④湿らした布で、細かいススを拭き取る。

てな感じ。

出来上がった様子は以下の感じになりました。


⚫︎アガチス
ホームセンターで加工材としてよく売られており、
輪ゴム銃の材料として1番よく使うものです。
木目があまりハッキリはしませんが、なかなかいい感じ
炙り_アガチス


⚫︎栂(ツガ)
松系の木材みたいです。
硬くて強度があります。
炙り加工には、このくらい硬い木材の方がいい感じがします。
メインフレームやグリップなんかに、炙り加工の栂なんかもいいかな
炙り_栂


⚫︎ベニア
ものによって質感に差がある材料ですが、入手が容易で強度と加工性が高いので結構内部の可動部品のために使います。
炙り加工も意外と上手くいきました。しかし、ササクレなんかも発生しやすそうなので、ニス塗りの方が合っているんじゃないかなーって感じです。
炙り_ベニア


⚫︎ホワイトポプラ
こちらもホームセンターでよく見ます。
柔らかくて加工しやすいのですが、炙りには向きません。炙った後のスス落としの時に均一に落すのが難しく、角などを削り過ぎてしまいました。
炙り_ホワイトポプラ


⚫︎MDF(中密度繊維板)
これは、最初っから上手く行くとは思っていませんでした。そもそも木目無いし~ぃ
ただ焦げだだけ
炙り_MDF


⚫︎OSB(配向性ストランドボード)
僕はこういう見た目好きなんですけどねー
密度の低い所なんかは、燃えそうでした。
切り口もボロボロしやすいので、輪ゴム銃には向かないですね。
炙り_OSB


⚫︎竹
セブンイレブンの割り箸です。
結構、燃えそうでドキドキしながら炙りました。
均一に炙るのは難しかったですが、ススを落とすと案外上手いこといっていました。
炙り_竹


思っていたよりは簡単にできました!
ちゃんと、ススを拭き取れば、後から手にススがついたりすることはありませんでした。

ニス塗りに比べると、広い面を均一に加工するのは慣れが必要そうなので、小物から使っていこうかなという感じです。



.

07:17 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://nikonikokhorosho.blog.fc2.com/tb.php/135-03ab8e96

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

Amazon

プロフィール

いーの はらしょ~

Author:いーの はらしょ~
ゴム銃を中心とした工作が好きなので、作って気ままに紹介しています。
作った作品は動画としても紹介しているものもあるのでどうぞ~
私のTwitterはこちら

. 作った作品の紹介はこちら

最新トラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名 前:
メール:
件 名:
本 文:

スポンサードリンク